カナダ生まれのフライドポテト

皆さんも大好きであろうフライドポテト
178806c0293929cc1adaf7241a72b9f8_s.jpg
実はこの『フライドポテト』という呼び方、、、
和製英語だってしてましたか??
そう! 海外で『フライドポテト プリーズ』と言っても通じないことが殆どなんです。
お店で注文してもきっとこんな顔をされてしまうでしょう、、、
217841.jpg

スポンサーリンク




では英語ではなんと呼ばれているかというと、
フレンチフライ(French fries)
or
チップス(Chips)
勉強になりましたね
でも、今回は面倒なのでフライドポテトという呼び方で進めさせていただきます。

さて、フライドポテトに関するウンチクはここまでとして、本題のカナダならではのフライドポテトの食べ方をご紹介します。
もちろんカナダでもフライドポテトは食べられるのですが、
他にもう一つメニューに載っているものがあります。
その名は
プーティン(Poutine)
39b948af1ae1acdc99e3d19c185c5b6e_s.jpg
フライドポテトにグレービーソースとチーズカードをタップリとかけたカナダ発祥の食べ物
もともと高カロリーなフライドポテトにソースやチーズをタップリかけてしまうなんて、、、
そりゃ太るでしょ、、、
なんともアメリカンなこのプーティンはカナダのマクドナルドなどファーストフード店からレストランやパブまで色々なお店で食べることができます。
さらにはプーティンの専門店まであるんですから、
これはカナダの国民食と言って間違えないですね
そんなまだまだ日本では馴染みのないプーティン
ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか
バンクーバー市内でのプーティン専門店はこちら
La Belle Patate Vancouver
Smoke’s Poutinerie
Mean Poutine

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク