カクテルなのにタバスコやアスパラのピクルス?! カナダ生まれのカクテル『シーザー』って??

333638c211b6dc40e4ba2fb5bb756af9_s.jpg

カクテルといえば、

・スクリュードライバー
・モスコミュール
・ソルティードッグ

基本的に甘い、もしくは酸味を効かせたものが多いですよね

また、それぞれのカクテルが世界中の色々な国で生まれたように、
ここカナダでも一つのカクテルが生み出されました。

【シーザー】
IMG_8301.JPG

スポンサーリンク




1969年、カナダのカルガリーという街で生まれたカクテル。
ウォルターさんという方が、街にできたイタリアンレストランをお祝いするために考案したカクテルで、イタリア料理のイメージに合わせて作られた

どうりでイタリアの皇帝「シーザー」の名前が付いている分けですね

そして現在、カナダ国内では年間35億杯も消費されている大人気カクテルなんです。

(ウォルターさんには印税か何か入っているんでしょうか???)

そんなシーザーの材料はこちら

・ウォッカ
クラマトジュース
・ウスターソース
・タバスコ
・コショウ
・セロリ or アスパラ(ピクルス)

なんだか見慣れない物が一つ混じっていますよね、

私もシーザーを知るまでは全く知らなかったこのジュース
クラマトジュースって何??

img-clamato-bb_141555804059.png

Clam(ハマグリ)のエキスとTomatoを合わせたジュース
カナダやアメリカ国内ではスーパーで見ることができ、今では【シーザー】を作るために売られているような状態
※Clamはアサリのことですが、北米ではアサリとハマグリを区別しないようです

気になる味は????

材料からも想像できるように、タバスコやトマトジュースを使用しているので、
辛味酸味が強いカクテルです。
肉料理などに合わせて飲み始めに一杯いくのがオススメです。

年間35億杯も消費されるだけあって、基本的にはどこのBarやPubでも飲むことが可能です。

また、それぞれのお店でオリジナルのシーザーを出すところも多いので、違いを楽しんで見るのもいいでしょう。

日本ではあまり知られていない【シーザー】ですが、
系統としてはブラッディメアリーに似ています。

8234c6b9fdedbe4169ca167cdf5758a5_s.jpg

カナダ生まれのカクテル【シーザー
お酒を飲む機会があれば是非ご賞味あれ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク